タイのバンコクの片隅で胃痛と下痢を考える

5月 21, 2019

silviarita / Pixabay

1週間ほど胃痛と下痢で困っています

バンコクで生活してから、いままで大きな病気になったことはありません。病気といえば、持病の糖尿病と緑内障ですが、これはバンコクの病院で社会保険で毎月の定期検診と薬は無料で助けてもらっているので、問題なく生活できています。ところが、最近、胃痛と下痢なのです。お昼をすぎると胃液が上がってきて、胃がヒリヒリします。セブンなどで売ってる胃薬ENOを飲むとしばらくすると痛みはおさまるのですが、おまけに下痢がはじまってしまいました。下痢には正露丸を飲んでます。最近ではバンコクでも正露丸は売ってるんです。胃液が上がらずに、胃の調子が悪いときは、黄色いパッケージの錠剤を噛んでから飲む胃薬を飲んでいます。これでよくならなかったら、病院に行こうと思っていますが、今日は何も食べないで、様子をみることにしています。

*** *** ***

何が原因なのか考えてみました。

・最近、カップ麺(緑のたぬき)やベヤングの焼きそばを毎日食べてました。セブンイレブンのレンジで温める料理とかも食べてました。

・トンちゃんが毎朝インスタントのコーヒーを作ってくれるので、飲んでいました。

・辛いものが好きなのでスパイシーなタイ料理やCoCo壱番屋のレベル5のカレーを時々食べてました。

・最近、せんべいをたくさん食べてしまっていました。歌舞伎揚げや塩せんべいとかです。

・果物のジュース、特にオレンジジュースをまとめ買いしていたので、それをがぶ飲みしてました。以前はミネラルウォータだったのですが。

胃痛と下痢の原因と思われることが、このようにリストにしてみるといろいろありますね。反省しなくては。

結局、悪いのは自分です。

胃痛と下痢を治療するにはどうしたらよいか。

Webで調べてみると、
・炎症によって弱った胃を休ませるために半日~1日は食事を控える

・湯冷ましや番茶など胃に負担のかからない飲み物を摂る

・食事は、おかゆやうどん、野菜スープなど消化の良いものを食べ

・乳酸菌やビフィズス菌をはじめとする善玉菌を摂り入れる

結論、今日は絶食して水しか飲みません。
また、飲み物はまたミネラルウォータだけ。食べ物はやっぱり野菜中心のベジタリアン、吉野家さんの牛丼も食べるのしばらくやめます。

そうだ、以前から興味がある中村天風先生のようにヨガをはじめようかなと思いました。

***

すべては変毒為薬なのです

胃痛と下痢がおきたことが原因でヨガを健康のためにやってみようかなと思いました。

はじめは自分だけでできる基本的なことからはじめます。Youtubeにはいろんなヨガの動画があるし、面白そうです。

こんな感じで、悪いことがおきても、それを良い出来事に変えてゆくことができるんです。

法華経の教えにでてくる、毒も使い方では薬になるということですね。

さあ、今日も明るく元気に楽しくやっていきます。

 

***