日記 Diary

 

大宇宙の法によって生きる

もしかしたら、末法の時代は終わって
いるのかも知れないとふと思いました。
現在は釈迦の想定外の時代に
なってしまったのではと。 ...

日記 Diary

 

真っすぐ続く土の道を歩いて、朝、ひとりで近所の雑貨屋さんにとんちゃんにたのまれた砂糖と甘いコンデンスミルクを買いに行きました。お隣さんの家までは300メートルぐらいでしょうか。雑貨屋さんまでは、500 ...

日記 Diary

 

 

のんびり牛の親子が草を食べてます。

昨夜大雨がふりました。

思ったとおり、今日は停電の朝。しかたがないので、充電してあるノートパソコンと

...

日記 Diary

 

見上げると、今日の青空

引っ越してから空をよくみるようになりました

まわりには建物がないので

水平線がよく見えます

青空

毎日いろんな雲があ ...

日記 Diary

夕方の5時ぐらいから毎週金曜日にやってるマーケットに行きました。

ドイツ人のおじさんの車の運転で、10分ぐらいで街のマーケットをやってる場所に。

普段から何もない場所なので、マーケットには人がいっぱい。 ...

日記 Diary

 

 引っ越してから毎日目にする虫たち。ここはタイのイサーン地方。みんな虫やカエルなんかを食べるらしい。

昔、カエルはタイとミャンマーとの国境にある有名な3つのパゴダを見物に行って食べたことがあるけれ ...

日記 Diary

今日は朝から近所のおじさんが畑を耕すのを手伝いに来てくれました。

おかげで、畑の地面は平らになって、あとは種をまいて野菜を育てることになります。

今日も暑い一日でした。

とんちゃんも ...

日記 Diary

朝、太陽がのぼりはじめると家の近くで

サクツ。サクツと音がする。

外に出てみると畑を耕すおじさんがいた。

太陽の光を背に浴びて、輝いてみえた。

大地を耕す人。

なんだ ...

日記 Diary

———————————

1991.5.5創価教育同窓の集い

「誓いを果たす」人 ...

日記 Diary

 

今日も水平線から昇る太陽をみてスタートです。

今日はお昼ぐらいからとんちゃんの妹家族ととんちゃんのお母さん。

さらには近所の牛飼いのおじさんとおばさんまでが小さな子供連れで

日記 Diary

 

人は暗闇の中から
水平線上に光り輝く
昇る朝日をみると
なぜ感動するのでしょうか

その感動を忘れて
人工の太陽を人が手に入れたとき
それは世界の終わ ...

日記 Diary

 

引っ越してから大空をよくみるようになりました。

机に座って正面はもう畑、そしてその上には大空が。

そして、いつの間にかその光景は変化しています。

都会で忙しく生活し ...

日記 Diary

まわりは畑だけ、何もありません

写真は建設中の小さな家です。もう完成して2周間ぐらい。でも、バスタブは使えません。虫がいっぱいで中に入れません。お湯がでるはずが水しか出てきません。

いいこともあれば、困ったこともある ...