タイの小さな田舎の家の水曜日、世界に一つだけの花が咲いている20180919

王地に生まれたれば身をば随え(したがえ)られたてまつるやうなりとも心をば随えられたてまつるべからず 撰時抄(287頁)
王の権力が支配する地に生まれたのであるから、身は従えられているようであっても、心まで従えられているのではない。
今日の元気が出る1曲

今日の私の出来事

 

昨夜から激しい雨が降って、朝も空は曇り空。今日は青空はみえないのかなと思っていたら、昼になる快晴になりました。

今日の青空はこんな感じです。

激しい雨が降っても庭の花たちは元気に咲いていました。

遠慮がちに咲いてる赤い花。

元気いいっぱいの黄色い花。

 

清らかな感じの白い花。

 

そして不思議な睡蓮たち。

 

みんなそれぞれ、世界にひとつだけの私の庭に咲く花たちです。

今日は私はここから一番近くにあるセブンでトンちゃんに買ってきてもらった、この10バーツのとんこつラーメンを食べました。バンコクで買ってきたインスタントラーメンやおちゃずけ、うめぼし、たくわんも食べてしまい、しばらくはバナナと牛乳の生活ですが、やっぱり日本料理は食べたくなります。

このラーメンはたしかにスープはとんこつスープのようなスープですが、麺がやっぱりただのタイのラーメンという感じです。やっぱりサッポロ一番とかできることなら食べたいです。でも、食べてみると、昔、博多の屋台で食べたとんこつラーメンを思い出せました。これに、高菜と紅ショウガを入れて食べたら、結構おいしく食べられそうです。10バーツなのでとりあえずOKです。

 

 

 

 

今日のショート・ショート

古いコカ・コーラの瓶

私は海辺の海岸を歩いていた。

すると、海岸に打ち上げられた古いコカ・コーラの瓶をみつけた。その中には、何やらメモが入っていた。

そのメモには次のようなメッセージがあった。
”絶望は死に至る病、あきらめるな、信じれば道が見えてくる”

それは、10代のころに私が書いてコカ・コーラの瓶に入れて海に流したメッセージだった。