【パヤナーク戦記5】マリリンの美貌+アインシュタインの頭脳+バオバオの能力

 

今日のストーリー
rmac8oppo / Pixabay
博士の研究室が激しく揺れた。地震だ、大地震だ。
バオバオが目をひらいている。
”みんな逃げるんだ、ここから離れよう。ホーたのんだぞ。”
アインシュタイン博士は叫んだ。
ホーはまた白い粉をみんなに吹きかけた。

私はまた気を失い、目をさますと大きな川のほとりにいた。
”ここなら安全、あの島はバオバオが目を覚ますとともに、火山が大噴火したよ”
声のする方向を向くと、マリリンがいた。
”え、火山の大噴火って・・・。”
”そうじゃ、わしの研究所もあとかたもなくなってしまった。”
”島そのものがなくなったんだよ”
マリリンを見ると、若い少女だった。
17歳前後かな。

”そんな馬鹿な。”
私はスマートウォッチでAIアシスタントのユミにきいてみた。
”島がなくなってほんとなのかい。”
”はい、Yahooニュースによると、昨日午後18:00に北センチネル島
は火山の噴火で島が海に沈んでしまったそうです。”
さらに私はこの場所がいったいどこなのかきいてみた。
”ところで、ここはどこなの”
”現在の場所は、タイ東北部のサコンナコン県バーンラオ村でメコン川の近くです。”
私はまたタイにもどっていたのだ。でも、なぜホーはこんな場所にみんなを連れてきたのだろうか。
”バオバオはどうしたんだろう。”
私はマリリンにたずねてみようと思った。
すると、私の背後から声が聞こえてきた。
”おい、ちび、何をぶつぶつ言ってるんだ”
そこには、5メートル近い身長のバオバオが立っていた。
顔がワニで下半身が人間だった。
そして、下半身はエジプトの古代の王が着るようなものを着ていた。
”ちび、私をどこかでみたことがあると思っているんだろう。”
”エジプトの神様・・・。”
”そうだ、ちび、私はセベク神だ。”
”お父さん、何をつまらない話をしてるの、早くパヤナーク様を探さないと”
マリリンがバオバオに言った。
え、お父さんって、何を言ってるんだ。
そういえば、マリリンの大きな瞳はバオバオの瞳によくにていた。
爬虫類の瞳だ、でも優しい瞳だった。

にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村