タイの田舎の散歩道は行きも帰りも牛ばかり

タイの田舎の小さな家の生活日記

ソンクランが近づくこの時期では、外に出るのは早朝から、午前9時ぐらいと夕方の5時以降です。でも、毎週土曜日はSkypeでの打ち合わせがあるので、快適な時間には外に出れません。今日は12時頃に雑貨屋さんまで散歩に出かけました。

すると、行きも帰りも牛と目があいました。

最初は家の前の空き地に牛がいました。

もうサトウキビの収穫は終わったと思っていたのですが、雑貨屋さんの近くで、こんなにいっぱいサトウキビをつんだトラックにあいました。

帰り道でも、牛がいました。夢中で草を食べています。

人間はいろいろ考え、悩むので、食べることしか考えていないような牛を見ると、なんだかうらやましくなりますね。

 

家にもどって、睡蓮の花を見ると、ちょっと暑さでバテ気味かなと思える

ように咲いていました。

 

トンちゃんはお母さんとめんどうを見てる妹の赤ちゃんのワクチンの注射とかで

外出していたので、このすきに冷蔵庫に入っていた冷たいパパイヤを独り占めして食べちゃいました。冷たい柿のような味です。

 

夕ご飯は、トンちゃんがかぼちゃの卵炒めの料理を作ってくれました。

写真をとるのうっかり忘れましたが、美味しかったです。

また、かぼちゃを買おうと思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村