小川未明さんの”犬と人と花”を聴いて、読みました

タイの田舎の小さな家の生活日記

IMG_20190101_173626928_BURST001
山田未明さんの””犬と人と花”をまた偶然、Youtubeで聴いて、青空文庫で読みました。

タイの田舎の小さな家で子犬のころから2匹のワンちゃんと暮らしていましたが、わずか1年ばかりで死んじゃいました。

そのワンちゃんたちのことを思い出しながらこのお話を聴いていると、このお坊さんとワンちゃんの姿が目に浮かぶようで、思わず最後まで聴きました。

山田未明さんのこともどんな人だったのか調べてみると、すごく気が短い性格の人だったらしく、だから短編小説しか書かなかったとか。面白いですね。

気の短い人が、こんなやさしいお話を書けるのも不思議ですね。

このお話からだけですが、山田未明さんは仏教の輪廻転生を信じてた作家のようです。

もっとほかのお話を読んでみようと思いました。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村