上野殿御返事(時国相応御書)を読んで自給自足を考えた

タイの田舎の小さな家の生活日記
いゑのいも一駄.ごばう一つと・大根六本、いもは石のごとし.ごばうは大牛の角の
ごとし・大根は大仏堂の大くぎのごとし・あぢわひはトウ利天の甘露のごとし、石を金
にかうる国もあり・土をこめにうるところもあり、千金の金をもてる者もうえてしぬ、 一
飯をつとにつつめる者に・これをとれり、経に云く「うえたるよには・よねたつとし」と云云
、 一切の事は国により時による事なり、 仏法は此の道理をわきまうべきにて候、
又又申すべし、恐恐

謹言。
弘安四年九月廿日                  日 蓮 花 押
上野殿御返事
---------------------------------
里芋一駄、ゴボウ一苞、大根六本をいただいた。芋は石のようであり、ゴボウは大
牛の角のようであり、大根は大仏堂の大釘のようである。その味は忉利天の甘露の
ようである。
 石を金に換える国もあり、土を代金に米を売る所もある。千金の金を持っている
者も飢えて死ぬ。これは一食の飯を苞に包んだ者に劣る。経には「飢えた世には、
米は貴重である」とある。一切の事は国により、時によるのである。仏法を行ずる者
は、この道理をわきまえるべきである。またまた、申し上げよう。謹言。

       弘安四年九月廿日                  日 蓮 花 押
     上野殿御返事
---------------------------------
sasint / Pixabay

”一番大切なのは金ではない、飢えた世には米は貴重。
一切の事は国により、時によるのである。”

世界に目を向けたら、いろんな国がありますね。
金が一番大切なものではないとあらためて思いました。
トランプ大統領や安倍首相の目には飢えた人たちは
見えていないのでしょうか。国益っていったらすぐに金だと
思って考える政治家さんきっと多いのでしょう。

タイの田舎で生活してると自給自足っていいなと思います。
自分で作ったものを食べる、一番安心できますね。
それに、食料がなくなったときも、自給自足できて
いれば安心です。

輸入にたよってばかりいる日本、借金ばかりの日本、
政治家さんは何が一番大切なのか考えてほしいです。
土地があれば野菜や果物を作ったりできますが、
アパートやコンドミニアムでも、家の中でいろいろ
育てることもできるはず。賢い庶民の人たちは
きっとやってることでしょう。

世界には飢えた人たちがいることを忘れないで
食物を大切に生活しようと、この御書を読んで
思いました。


海外生活ブログ タイ情報で、にほんブログ村ランキングに参加中です! はげみになりますので、見ていただいた記事には、是非”このブログに投票”のクリックよろしくお願いします!