雑貨屋さんの10バーツの”えびせん”にタイにおける日本語の力を感じる、でも・・・

7月 7, 2019

タイの田舎の小さな家の生活日記

IMG_20190703_091155109

 

やっぱり、日本人は日本語が書いてあると親近感がありますね

ときどき買ってる雑貨屋さんのえびせん。10バーツです。
雑貨屋さんに行ってみても、バンコクのセブンみたいに
食べたいものはなかなかみつかりません。
そんなとき、どこの雑貨屋さんにもあるのが、”えびせん”です。

この”えびせん”ですが、よく見ると日本語が書いてある
”えびせん”と書いてない”えびせん”があります。

私はいままでとくに意識して買っていませんでした。
味はほとんど同じです。でも、こんな田舎の雑貨屋さんで
売ってる”えびせん”でも、日本語が書いてあると、親近感
があって。おもわず買っちゃいますね。

タイ人には日本語はなんとなくハイソな感じかな?

タイ人の人にとって。お菓子の名前とか家電製品とか、
日本語うあ日本語みたいな名前がついていると、
なんとなく信頼できて、ハイソなイメージがあるのかも
しれませんね。

でも、ときどき、日本人がみるとありえへんヘンな日本語の商品名がついてる
ものもあります。Webで調べたら以下のまとめサイトがありました。
面白いですね。

でも、この日本語の力、最近は大丈夫でしょうか。

パタヤのオレオレ詐欺集団の事件とかいろいろ日本や日本人に
たいするタイ人のいままでの良いイメージが悪いイメージに
変わってしまったら大変だと思います。

G20の安倍首相もアメリカ以外の国の代表からは相手にされなかったとか。
アメリカばかり忖度して、他の国、いろいろ問題がある
韓国の大統領は相手にしなかったとか。いろいろ
問題があるから、改善に向かって対話しないと
いけないんじゃないかなと思います。
”日本をとりもどす”とか言ってるわりには、なんだか
日本はアメリカの属国みたいに、他の国の人から
みられているような気がします。

タイの”えびせん”、将来、日本語が書いてあったら、まったく
売れないなんてならないように、日本人も日本も世界の見本になれるような
人や国ににならないとあかんと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村海外生活ブログ タイ情報で、にほんブログ村ランキングに参加中です! はげみになりますので、見ていただいた記事には、是非上のバナーのクリックよろしくお願いします!