【ココちゃんの今日のここがポイント:塩は重要、でも、とりすぎに注意です】

【ココちゃんの今日のここがポイント】ココちゃんの成長記録とタイ・バンコクでの生活の知恵を書いてみます。基本的に毎日更新をめざします。

【今日のはげましの名言】はこちらに引っ越しました →タイの田舎の小さな家からイマジン・ハッピー・ライフ

IMG_20190912_070704195 IMG_20190912_070722819 IMG_20190912_070750795 IMG_20190912_070810792

IMG_20190912_070810792

朝、庭に出て庭になってるマンゴーの実をみつめてました。あれ、ココちゃんはどこにいるのだろうと思ったら、私が外にいるのをみつけて、大喜びで走ってきました。正月でもないのに、いつもより元気に走ってます。おまけに足元にしがみついて、私はラジオ体操ができませんでした。その後、部屋の中に入れてあげましたが、いつもより元気すぎるので、トンちゃんに屋外追放になってしまいました。がんばれ、ココちゃん、めざせ門番、現在見習い中。

Joenomias / Pixabay

あたたかいごはん、ごま塩、味噌汁、そして魚、これが大好き

 

IMG_20190912_065528680

ごはんにのりたまとかふりかけもいいですが、私はごはんにはごま塩が一番好きです。先日、バンコクに行ったときもフジスーパでごま塩がプロモーション価格だったので、たくさん買ってきました。

あと、味噌汁は減塩のインスタントです。これは、美味しいかというと、あんまり私は好きではないのですが、健康のために減塩を選びました。

さらに、サバの缶詰とかあれば、これだけで食事は満足です。以前、バンコクから田舎に帰る飛行機の登場チェックではレトルトカレーは持ち込みはだめと言われ、そのかわりサバの缶詰はOKでした。なんか変だなと思いつつ、空港の郵便局からレトルトカレーは送りました。

閑話休題、塩のお話です。

ごま塩は血液のバランスを整える体の救世主だそうです

LoggaWiggler / Pixabay

以下の記事を読むと塩が体にとって必要なものか、ごまの成分が体に良いかよくわかります。

 

減塩はなぜ必要なのでしょう

Bru-nO / Pixabay

何事も過ぎたるは及ばざるが如しですね。塩も取り過ぎは危険だというのが、以下の記事でよくわかります。

●塩分の摂りすぎが引き起こすこと
塩分は人間が生きるために不可欠ですが、摂りすぎると高血圧などの生活習慣病の発病リスクが高まるおそれがあります。

血液中の塩分濃度が上昇すると、体は水分を補給してバランスを保とうとします。すると、血液が増えて末端の血管が圧迫され、血圧が上がります。また、体内の水分量が増加すると、むくみも発生しやすくなります。

塩分過多の食事は、水分を多く摂ることから排尿の頻度を上げるともいわれています。頻繁な排尿によってカルシウムが尿とともに排出されると、骨粗鬆症になるおそれもあるのです。

そして、塩には悪霊祓いの効果が

Alexas_Fotos / Pixabay

悪霊なんかと思うかもしれませんが、世の中には霊の存在を信じる人もたくさんいるのではないでしょうか。

悪霊を近づけないパワーストーンがあったり、テレビでも、世界のなんだコレミステリーとか、いろんな番組で特集をやったりしています。最近、以下のような現象が起きたら悪霊が原因かもしれません。そんなときはパワーストーンとか塩で悪霊祓いかもしれませんね。

最近、我が家にやって来た子犬のココちゃんは、ときどき何もない天井をみつめています。きっと、私の家ではご先祖様とか、諸天善神がやって来て私を見守っているのかもしれません。毎日、元気なので悪霊ではないと思います。

  • 目つきが以前よりも悪くなっている
  • 原因がわからず体力がなくなり、視力が落ちたり、異様な疲れも溜まっている
  • 不眠症で悪夢に悩まされている 
  • とにかく肩が凝る、肩が重い
  •  以前よりも悲観的になり、ネガティブな言葉を多く発すようになった

塩には除霊効果がある。身体に塩をかけたり、塩風呂に入ったり、部屋に盛り塩を置くことで効果を発揮する。塩はなるべく天然に近いものが好ましく、味付け塩のように不純物が入った塩では効果がない。盛り塩は部屋の4隅に置くか、1カ所の場合は鬼門(北東)に置くと良い。霊道は、鬼門(北東)から裏鬼門(南西)へと流れているため、その入口に置くと効果的なのだ。ここで注意しなければならないのは、数時間が過ぎたら盛り塩を撤去することだ。そのまま塩を置いていると、塩の周りを霊がずっとうごめいている状態になってしまう。

今日のここがポイント

avi_acl / Pixabay

悪霊の話は別にしても、健康管理は大切です。病気になって入院してから、もっと健康に注意しておけばよかったと思っても手遅れです。事前に、毎日、体に良いものを食べ、適度に運動することが大切だと思います。

メンタルな面でも、常に前向きで明るく元気で生きたほうが楽しいと思います。